聖書におけるブドウの意味

出典: 聖路加看護大学史編纂資料室

聖路加看護大学図書館入口のモチーフ

聖書の中で葡萄は「神の象徴」である。一般的には「豊穣」という意味で用いられることもある。

葡萄の木そのものがイエス・キリストを表している。さらに聖書の中では葡萄の木が一番多く出てくる。


以下ブドウという言葉が出てくる文章である。

マタイによる福音書20章 21章

マルコによる福音書12章

ルカによる福音書の第20章

ヨハネによる福音書の15章

ヨハネの黙示録14章18~20節


参考文献

新約聖書 

個人用ツール