男子学生の受け入れ

出典: 聖路加看護大学史編纂資料室

女子高等教育の歴史と聖路加

日本で女子に対する高等教育が始まったのは、1872年(明治5)に学制が発布されてからのことです。当初、大学に女子が入学する道は閉ざされており、女子が入学できたのは官公立の師範学校でした。明治30年頃になると、私立の女子教育機関として専門学校が創られ始めました。大正時代に入ると、女子も大学進学が可能になりましたが、国は女子大学の設置には消極的で、女子は専門学校への進学でよいと考えていたようです。本学の前身、聖路加国際病院付属高等看護婦学校が設立されたのは1920年(大正9)のことで、まさに専門学校の新設が急速に進んだ時期と重なります。本学は良妻賢母を目指す教養教育としてではなく、看護という体系的な知識と技術を身につけた専門職を志向していた点では多くの他校と異なっていたかもしれませんが、まだまだ性別役割観に強く束縛されていた時代に生まれたのです。  昭和時代に入り聖路加女子専門学校となり、第二次世界大戦後、1954年(昭和29)に短期大学、1964年(昭和39)に大学となった際も、女子教育が貫かれました。

男女雇用機会均等法の影響

1986年(昭和61)の男女雇用機会均等法の施行をきっかけに日本の女子大の共学化が徐々に進み始めました。こうした動きに押される気配があったのか、本学の女子教育に対する変化の兆しを1993年(平成5)の大学新校舎建築計画にみることができます。新校舎は50年間使用していくと考え、設備だけはしておく方がよいと、各階に男子トイレを設置する判断がなされました。ただし、建学の精神の一つの柱である女子教育を将来どうするかは、この設備とは別の問題として議論すべきであるとされました。しかし、この建築計画の中に、将来男子を受け入れる可能性を大学が視野に入れ始めたことをみてとることができます(1993年(平成5)9月24日理事会議事録による)。

男女共学化へ

1994年(平成6)の理事会から、大学の将来構想の一つとして、共学化の議論が本格化しました。看護専門指導者の育成のためには大学院の充実が必須であり、大学院入学における性差別を取り払い、他の看護系大学を卒業した男子を受け入れ、ゆくゆくは学部においても男子を受け入れるようにすべきであるとの問題提起がなされたのです(1994年(平成6)9月22日理事会および評議員会議事録による)。すでに科目等履修生、研究生などで男子を受け入れられるかという問い合わせがあり、大学としても検討せざるを得ない状況にありました。聖路加看護大学は女子の看護婦教育を続けることが使命である、男子を受け入れることで女子の就学の機会が減る懸念がある、共学化は時代の流れである、男子が入ることで教育の多様化が計られるなど、賛否両論、意見が交わされた結果、1995年(平成7)、男子を科目等履修生、研究生として受け入れること、また、学則の検討を行って大学院に受け入れていくことが決定しました(1995年(平成7)5月26日理事会議事録による)。大学院については学則上、問題はないとのことで同年、受け入れ可能との判断が下されましたが、しばらく積極的な広報は行われることなく、実際に大学院に男子学生が入学したのは2000年(平成12)度からのことでした。学部については、学則第一条の「女子に対し…」という文言を削除する必要があり、1999年(平成11)の教授会の議を経て、2000年(平成12)の理事会で改正が承認されました。こうして聖路加看護大学の女子教育の歴史の幕は下ろされ、2001年(平成13)度から学部にも男子学生を迎えたのです。

すなわち、職業や雇用における機会を前に男女の平等は保障されるべきという社会の流れを背景に、看護学という学究の場においても、むしろ差別されてきた男性に門戸を開くことによって、より高度な看護の専門性を追求する姿勢を具現したいとの考えから、男子を受け入れたのです。

個人用ツール