橋本寛敏

出典: 聖路加看護大学史編纂資料室

(はしもと ひろとし)

(1890~1974)

宮城県白石市出身。東京帝国大学医学部卒業。札幌市札幌病院勤務の後、1923年(大正12)ロックフェラー財団医学研究員として渡米。メイヨークリニック、ションズ・ホプキンズ医科大学で内科を研修し、欧州各国の医療を視察して1925年(大正14)6月帰国。同年7月、トイスラー院長に請われて聖路加国際病院内科に勤務。

戦前の女子専門学校時代から短期大学の第三代学長(1940~1948)、短期大学時代から大学昇格の時期に第五代学長(1957~1974)に再任となった。同時期、聖路加国際病院院長。

1960年(昭和35)藍綬褒章受章、1966年(昭和41)勲二等旭日重光章受章。

個人用ツール