東京看護教育模範学院

出典: 聖路加看護大学史編纂資料室

目次

聖路加と日本赤十字社の合同看護教育

東京看護教育模範学院(以下「模範学院」)がスタートしたのは、太平洋戦争で日本が敗戦国となった翌年の1946年(昭和21)のことです。当時は占領軍であるGHQがリーダーシップをとり、日本の劣悪な公衆衛生の状況を改善するため政策を展開していました。その改革プログラムの1つとして、GHQの公衆衛生福祉局看護課の指導のもと、看護教育改革が図られていきます。担当した看護課長はオルト大尉、日本側は厚生省で保健婦行政に携わっていた金子光氏(1935年卒)が中心になって対応することになったのです。

日本における看護教育のモデルスクール

当時の看護教育は、今のように国が定めた教育課程はなく、さまざまな教育を経て、国家試験もなく看護婦や保健婦・産婆(助産婦)になっており、専門性も低い状況でした。そうしたなか、聖路加女子専門学校だけは、戦前よりトイスラー博士、セントジョン女史により米国式の近代的な看護教育が行われており、当時、国内で唯一文部省から認可された看護の専門学校でありました。  GHQは、金子光氏とともに日本の医療事情を視察し、看護婦の仕事は、掃除や洗濯などではなく、ベッドサイドでの患者の世話に責任持つことであると、広く理解してもらうことが必要であると考え、看護婦養成の充実を検討しました。ところが、その推進の協力相手と考えていた聖路加女子専門学校は、米軍に校舎を接収され、学び舎を失っている状況にありました。そこで、戦後日本の看護を担う人材を育成するための学校は、聖路加女子専門学校と日本赤十字社救護看護婦養成部を合同して展開するという計画がたてられました。日赤は、聖路加女子専門学校と同じ資格を得るために急遽文部省に申請し、日本赤十字女子専門学校となった後に合同したのです。聖路加女子専門学校は、宿舎及び教室を宮代町(現在も日赤がある渋谷の地)に移し、日本における看護教育のモデルスクールとしてスタートします。現在の3年制看護基礎教育の基礎が築かれたのです。

聖路加と日赤

米国式の個人を尊重する教育とキリスト教精神をバックボーンとした、リベラルな校風をもつ聖路加と、軍隊式に厳しく階級が分けられた組織で、看護学生も病院職員として働くことが期待されていた日赤の全く異なる文化をもつ2つの学校が、1つ屋根の下に学ぶということは容易ではなかったようです。日赤では学生実習は病院の労働力として扱われ、学生に一人夜勤も課していましたが、このような考えは聖路加の教育にはなく、1つの象徴的なエピソードとして語られています。  合同の話が出された僅か一ヵ月後に教育が開始されたことは驚愕に値します。模範学院は、8年間という短い期間に、数回にわたりカリキュラムを変更しています。中でも特徴的なのは、看護基礎教育のカリキュラムでありながら、環境衛生、産業衛生、学校衛生、個人衛生、公衆衛生学、公衆衛生看護といった科目が充実しており、当時から先輩たちは、病院中心の看護だけではなく、地域住民のための看護を教わっていたことを確認することができます。  両校の合同は、教育内容についての合同であって、組織は別法人で予算も別だったことも興味深いところです。東京看護教育模範学院時代に389名が卒業しておりますが、卒業証書は、聖路加、日赤それぞれのものと、模範学院のもの2枚が授与されています。

学院の歴史の終わり

聖路加国際病院の接収が解かれると、さまざまな思い出のある東京看護教育模範学院の歴史も終わりを告げます。この模範学院時代に米国からの多大な支援を受けながらわが国の看護教育の近代化の一歩が幕を開けたことは確かなようです。

個人用ツール