戦後日本の看護改革と聖路加の卒業生達

出典: 聖路加看護大学史編纂資料室

目次

看護改革の始まり

第二次世界大戦後の日本は、敗戦国として連合国軍に占領され、GHQの指導の下に戦後復興にあたることになりました。国民は戦禍で疲弊し、食物も十分ではなく、衛生状態もよくありませんでした。国民の保健衛生状況を改善するために早急に医療のしくみを整える必要がありました。そのひとつが看護改革でした。この改革には、聖路加で教育を受けた多くの先輩が貢献をしました。  看護改革は、看護関連法規を整え法規に基づいた看護行政を行うこと、看護教育のリーダーを育成し、新制度のもとに始められた専門学校教育の充実をはかり、より高い水準の看護を普及すること、改革以前に教育を受けた看護職者の再教育を行うことなどでした。やがて、日本でも看護の大学教育が行われることになりました。

模範学院としての聖路加

戦後、聖路加女子専門学校は、GHQの接収により築地の校舎を追われて困難な局面にありました。当時、GHQ看護課長にあったオルト大尉(Grace Elizabeth Alt)は、米国聖公会のミッションにより建てられた日本で唯一の看護専門学校を何とか発展させたいと考え、1946年(昭和21)、聖路加女子専門学校日本赤十字社救護看護婦養成部とを合同させ、新たに東京看護教育模範学院として、日本の看護改革の担い手となる看護教育者リーダーの養成に着手しました。  この模範学院時代の教員として活躍した卒業生には、湯槇ます前田アヤ高橋シュン、白井怜子、檜垣マサ、吉田時子などがおりました。同じ目的で1948年(昭和23)開設された国立岡山病院附属高等看護学院では、看護教育者として聖路加から間宮秀子、小室規矩子、白井怜子、中野輝子らが赴任しました。これら看護教育のリーダーを養成する学校からは、その期待通り次代の看護のリーダーが数多く輩出されました。また、新制度による看護教育機関には、多くの卒業生が責任者として就任しました。

日本産婆看護婦保健婦協会の設立

1948年(昭和23)には保健婦助産婦看護婦法が制定されました。3年後の1951年(昭和26)にはその一部が改正され、改正に当たって看護制度審議会が設置されました。聖路加からは橋本寛敏(聖路加国際病院長)、湯槇ます、平井雅恵、三浦貞、小柳こと、金子光らが委員として活躍しました。さらに、法規に基づいた保健婦助産婦看護婦国家試験のための審議会が設置され、このメンバーに平井雅恵、中道千鶴子、湯本きみ、河村郁、金子光前田アヤ、小柳こと、高橋百合子らがなっています。

看護行政で活躍する先輩達

保助看法の制定により、1948年(昭和23)には厚生省医務局に看護課が新設されました。戦前より厚生省に在職していた金子光は三代目看護課長として看護行政を担い(1950〜1960年)、その後、東京大学助教授、衆議院議員等(1972〜1990年)を歴任し、看護制度改革に貢献しました。  看護制度改革の一環として、1946年(昭和21)、新制度以前に教育された保健婦助産婦看護婦の再教育が看護課と看護協会の共催で実施されていきました。現職看護婦のための看護教育指導者講習会委員には湯本きみ、平井雅恵、金子光らの卒業生が就任し、リフレッシャコースとしての新しい看護の教育は、これら委員のほか湯槇ます高橋シュンらが担当しました。また、保健婦の教育に関する厚生省主催の協議会には卒業生の三浦貞、中道千鶴子、渡邉モトヱ、橋本秀子が出席しており、岡田菊枝、中道千鶴子、永野貞は、保健婦のテキストの執筆や再教育に携わりました。  GHQの公衆衛生強化指導により1947年(昭和22)には新しい保健所法が制定され、各都道府県に一ヵ所ずつ模範保健所がつくられました。このため模範保健所のモデル保健所として東京都杉並保健所を整備することになりました。モデル保健所運営に先立ち、GHQの指示で衛生部長や保健所長への保健婦活動のデモンストレーションを行ったのは、平井雅恵、前田アヤ、小林冨美栄、金子光でした。  また、戦後の社会経済混乱期にあって、食糧増産と引揚者、戦災者、復員軍人らの失業対策は緊急に進めるべきことがらでした。その一環として、1947年(昭和22)から制度化された開拓保健婦設置事業がありました。初期には、開拓という重労働に見合う栄養補給や生活環境の整備、応急手当が必要でした。農林省農地局入植営農課で保健婦の立場で活躍したのが崎川サン子でした。戦前より東京都渋谷保健所婦長として着任していた渡邉モトヱは、保健婦の職位の向上にも貢献しました。  1952年(昭和27)には高知県立女子大学家政学部に衛生看護学科が誕生し、翌1953年(昭和28)には東京大学医学部衛生看護学科が設置されました。我が国初のこの国立四年制看護大学の創設期看護教員には、湯槇ます、中道千鶴子、宮内節子、木下安子、宮島昌子、橋本秀子、飯田澄美子らが活躍しました。

看護教育の最高峰 聖路加

こうして、聖路加の看護教育を受けた先輩たちは、GHQ看護課とともに看護政策、教育、実践のすべてにおいて戦後日本の看護を「新しい看護」へと生まれ変わらせるための種まきをしました。わが国看護界の歴史に残るこの戦後看護改革に、これ程まで多くの聖路加出身者が係ることができたのは、おそらく大学卒業に相当する唯一の看護専門学校で教育を受けていること、またそれは、当時最も進んだ米国・カナダの教育内容であったこと、そして看護婦は云うまでもなく保健婦・助産婦・学校教員等、多くの看護分野に通用する資格を有していたこと等の理由によるものだと思われます。これらのはたらきにより、本学は看護教育の最高峰と位置づけられ今日に至っています。

姓名表記上の留意点  活躍当時のものと思われる資料上に表記されている名前。

個人用ツール